LINE UP

physical

NADÈGE/PAS À PAS


伝説的な和製フレンチ・ポップ・ユニットによる19年ぶりの新作! クラブ・ミュージックとフレンチ・ポップを融合した洗練の音楽性で、90年代にラジオや大手輸入CDショップを中心に話題となったNadege(ナデージュ)。新曲とセルフ・カバーを収録した限定アナログ・リリース。 インディーズからリリースした作品が話題となり'94年にメジャー・デビュー。ハウス~ドラムンベース~アンビエントと、当時のクラブ・ミュージックの時流を捉えたトラック・メイキングと、ウィスパーなフレンチ・ボーカルという洒脱なサウンドで、渋谷系ファンからも好評を得ていたNadege。とくにシャンソン歌手Edith Piafの名曲「バラ色の人生」のカバーはスマッシュ・ヒットを記録するなど、リアルタイム世代には鮮烈な印象を残しました。19年ぶりの復活作となる本作も、洗練されたクラブ・ミュージックの趣向と、透明感に溢れる女性ボーカルという基本路線は健在。重厚な雰囲気のストリングスとドラムンベースのビートで、耽美な映像的世界観を展開する"Douce est la nuit"、夏の終わりを想わせるアンニュイ・ムードのブレイクビーツ・ハウス"Pas a pas"という新曲に加えて、2ndアルバム収録の"Ingenu"と4thアルバム収録の"Syrah"を再アレンジしたセルフ・カバーを収録し、期待を裏切りません。アートワークは少女漫画家の小石川カナリによる書きおろしのイラストを採用。重量盤、レッド・カラーヴァイナル仕様の限定盤。フィジカル・リリースはアナログ盤のみ。

CRUSHER KIMURA


長年に渡って切望されていたクラッシャー木村のソロアルバム。Liveで演奏されてきた本人のオリジナル楽曲のみで構成された、バイオリンを中心としたアコースティック・サウンド。気の置けないメンバーとともに制作された珠玉の8曲。

ヤマシタナオキ/SIX-TRAX, LOCK AND ROSE


ヤマシタナオキが満を持して放つ2ndアルバム。 鈴木慶一(ムーンライダーズ)も『何にも属さないロック・ミュージックだ』と賞賛の声をよせるバンド、ヤマシタナオキ。その独自性に宿る良質な歌詞とメロディに支えられ、さらに進化のアクセルを踏み込んだ約4年ぶりに放つアルバム『SIX TRAK, LOCK AND ROSE』は超強力な珠玉の6曲を収録。本作ではメインヴォーカルに山下尚輝に加え政野早希子、森加奈子がラインナップ。ヤマシタナオキ・ワールドをより色彩豊かに魅せている。
様々なジャンルをこなす売れっ子ギタリスト佐藤誠。ハイレベルのベースプレイと音楽的感性で多くのビッグアーティストからも絶大な信頼を得ている依知川伸一。数多のミュージシャンとセッションをこなす重戦車ドラム小口隆士がメンバーという必聴盤。
 

digital down load / streaming

当山ひとみ/LOVE ON MY MIND


90年代にレコーディングされたソウルフルな3曲をリリース。

SQN+KM/MY WAY


ボーカル松川ケイが華麗に歌い上げた名曲「my way」

NEW CURIOUS/PAMPAS FEAT.CRUSHER KIMURA


クラッシャー木村待望の新曲をユニットでリリース。

NOMI+FARASH/QUEEN OF THE DAWN


nomi'野見山美貴’がベリーダンサー、ファラーシャ とのコラボレーションでうまれた楽曲。